Menu

特定分野におけるスキルアップ

看護師のスキルアップ方法にはさまざまなものがありますが、看護師資格に加えて専門分野の資格を取ることによって特定分野でのスキルアップに役立ちます。働きながら取れる資格としては、助産師国家資格をはじめ、専門看護師や認定看護師が代表的です。
このような資格を取ることによって、興味のある分野や得意分野での仕事が可能になります。また、資格を持っていることで、転職するときにも待遇がよくなる可能性も高いでしょう。

具体的なメリットとして、まず助産師は働きながら取得できるということが挙げらます。産婦人科や助産院などで勤務することができ、正常分娩であれば医師の指示がなくても分娩を行える資格です。医療機関によっては助産師を目指してサポートをしてくれることもあり、スキルアップするには嬉しい点となります。
専門性の高い看護サービスを提供できるのが、専門看護師です。がんや精神看護、在宅や小児など特定分野での知識を深め、技術を磨くことによって資格を取得できます。水準の高い看護を行えるようになる他、患者を含む家族などに対しても必要なケアを行えるようにもなるのが特徴です。
専門看護師よりも細分化されているのが、認定看護師となっています。救急看護や集中ケア、緩和ケア、感染管理や小児救急など、特定の看護分野において熟練した看護の知識と技術を認められている証でもあるのです。スキルアップすることによって、病院内での活動範囲が広がったり夜勤が減ったり、昇進にプラスになるなどのメリットが得られます。