Menu

将来を考えたプランを立てる

看護師はあらゆる医療現場で必要とされており、スタッフのキャリア形成のために資格取得支援制度を行っている医療機関は少なくありません。そこで、看護師がキャリアプランを立てるにあたっては、将来につながる仕事を経験できる職場を探してみることがオススメです。
特に、現場で主任やリーダーとして後輩の指導にあたったり、看護師長として職場全体の管理をしたりしたい人であれば、適切な時期に必要な教育を受けられる医療機関で働き続けることは欠かせません。
看護師のキャリアパスの仕組みは、それぞれの医療機関の方針や診療科目、役職などによって大きな違いがあります。希望先である現場の採用試験を受ける前に、就職後の働き方についてきちんと理解を深めておくことが大切です。

また、新卒で数年間の業務を経験してから結婚や出産を考えている人は、育児中の看護師へのサポートが手厚い医療機関を選ぶことが重要です。たとえば、職場内の人員に余裕がある大規模な大学病院や公立病院には、子どもが成長するまで短時間の勤務ができるところや、業務の負担が軽い現場に配置転換してくれるところも多くあります。
そういった職場に入るためには、求職中に就職セミナーや相談会などに参加をして、各医療機関の待遇の良し悪しをじっくりと比較をしてみることが大切です。空き時間を使って看護師に人気の転職サイトを覗き、仕事と育児を両立させながら医療機関で長く活躍している看護師の事例について調べてみてもいいでしょう。