Menu

認定看護師の活躍の場が増えている

認定看護師は、総合病院の病棟や外来、クリニック、在宅医療などさまざまな現場で、高度なスキルを持つ専門職として評価されています。特に、若手の人材の育成に積極的な医療機関では、認定看護師が率先して教育計画の策定や新人の指導を行っている現場も少なくありません。
認定看護師の資格を取得するには、特定の医療現場で数年以上にわたる経験を積む必要があります。資格の取得を目標とするうえで、じっくりと将来につながる職場を見つけることが大切です。

認定看護師の資格を取得した後は、現場で主任看護師として働けるだけでなく、医療機関によっては看護師長などの役職者に登用してもらえる可能性もあります。このように、認定看護師の役割や活躍ぶりについてしっかりと理解をしたい場合には、実際に医療や福祉などの現場で長く働いている人に直接話を聞いたり、医療関係の講演会や勉強会に足を運んだりすることが欠かせません。
認定看護師の待遇については、人それぞれの年齢や過去の実務経験だけでなく、勤務する医療機関の経営状態によって大きな違いがあります。そこで、納得のいく待遇で働きたいのであれば、認定看護師の求人募集を行っている医療機関の採用担当者に積極的に質問などをしてアプローチしたり、転職エージェントのフォローを受けたりするといいです。
また、現場で経験を積みながら、認定看護師だけでなく専門看護師やケアマネジャーなどの資格の取得を目指すのもよく、そうすることで活躍の場を広げることができます。